ホーム >> 中国事業 >> M&A相手先の資産評価(提携先資産評価事務所との共同作業)

中国事業

« 現地法人の会計財務リスクを把握・・・ |  中国事業トップへ  | 現地法人のJ-SOXおよび内部・・・ »

財務支援サービス

M&A相手先の資産評価(提携先資産評価事務所との共同作業)

☆ こんな問題はないでしょうか?

  • M&A、組織再編にあたり対象現地法人の財務内容に不安がある。
  • 中国現地法人の財務内容に不明な点、疑わしい点がある。
  • 日中合弁現地法人の財務管理が担当者(或いは中方)に握られており、財務内容がよく解らない。

 

問題の解決に弊社財務デューデリジェンスをご活用ください。1994年以来、中国に進出している日系企業1,300社超の会計・税務をサポートしているマイツグループが、これまで蓄積したノウハウを基に御客様のご要望に応じて最適な調査項目を提案させて頂きます。

また、「法務デューデリジェンス」、「資産評価(法定・任意)」についても提携事務所と共同し、ワンストップでのサービスを提供させて頂きます。

1. サービスの特徴

  • 日本公認会計士、中国公認会計士を含む財務DDの専門チームがお客様のニーズを丁寧にお伺いし、御予算、納期にあわせた最適な調査内容を提案致します。
  • 手続き・調査範囲を限定した調査からフルスコープ調査まで柔軟に対応致します。
     
  • 調査報告書、報告会については日中両国語での対応が可能です。中国特有の事情についての説明や、御不明な点について丁寧に説明致します。
     

2. 事例紹介

  • M&A、組織再編、撤退のための財務調査
    →基準日での財務諸表の適正性を検証。会社の環境、現状を把握し、財務・税務に関連するリスクを洗い出します。
  • 不正調査、現況確認のための財務調査
    →特定の期間・科目に対する調査、内部統制の評価、潜在的リスクを調査します。
  • 財務調査と資産評価(資産評価事務所と提携)の組み合わせ
    →財務調査では問題点及びリスクを、資産評価で時価を算出します。資産評価方法は再調達原価法、収益法、市場価格法、清算価格法等、評価目的に応じて最適な提案をさせて頂きます。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

マイツ提携事務所