ホーム  >  サービス内容

サービス内容 仲介からデューデリジェンスまで中長期的な観点からサポートいたします

M&Aに関するお問い合わせは 03-6261-5323

M&Aサービスメニュー

1.仲介サービス(M&Aをスムーズに進めるためのコーディネート役)

(1)M&Aの進め方についての全般的アドバイス

ニーズのヒアリング/最適なM&Aのためのアレンジ(最適スキームの選定支援) など

(2)売り手企業(事業)の価値試算
(3)M&Aの相手先探し
(4)相手企業との交渉支援

秘密保持契約書の締結支援/M&Aスキーム等の策定支援/基本合意事項の策定・交渉支援/基本合意書の作成・締結支援/デューデリ(財務・法務)の企画・実行支援/価格・その他の諸条件の調整・交渉支援/最終合意事項の整理・確認支援/M&A契約書及び関連資料の作成支援 など

(5)M&A契約実行(クロージング)支援

契約調印式の実行支援/株券引渡し・譲渡代金の決済実行支援 など

→成約に導くために全面的にサポートします。

2.アドバイザリーサービス(M&Aを進めていく上でのアドバイザー)

M&Aに関する一連の業務につき、その全般又は一部の業務についてアドバイス又は実務代行の形で支援するサービス形態です。例えば以下のような内容です。

(1)財務リスクチェックによる財務実態(実態B/S)の明確化
(2)売却対象企業(又は事業)の価値試算に関するアドバイス
(3)M&Aの相手先探しアドバイス
(4)実務手続きに関するアドバイス又は代行
(5)相手企業との交渉に対するアドバイス など
→M&A成功のためにアドバイスをします。

3.組織再編・資本政策等の支援サービス

組織再編(グループ内再編含む)・資本政策等に関する一連の業務につき、その全般又は一部の業務についてアドバイス又は実務代行の形で支援するサービス形態です。例えば以下のような内容です。

(1)組織再編(グループ内再編含む)・資本政策等の目的に適合する各種手法の企画立案
(2)実態把握のための企業調査(財務内容等の調査)
(3)再編条件(合併比率等)に関する企画立案
(4)再編手続き(法務・労務)に関する助言、書類等作成支援
(5)再編に関する会計処理
→組織再編・資本政策等に関する業務全般についてアドバイスします。

4.バリュエーション(企業価値評価)サービス

M&A 、組織再編などの際に必要となるバリュエーション(企業価値評価)についてクライアントのニーズに応える評価サービスを提供します。例えば以下のような内容です。

(1)M&Aを前提にした企業価値・事業価値・株式価値の評価
(2)組織再編における価値評価、統合比率算定
(3)M&Aにおけるシナジー価値の分析・評価
(4)価格交渉支援

(注)民法特例による株価算定、税務申告目的の株価算定については、税理士法人マイツにおいて対応しております。

→M&Aに必要となるバリュエーションサービスを提供します。

4.財務・税務デューデリジェンス(買収監査)

(1)財務リスクチェックによる財務実態(実態B/S)の明確化

会計処理の妥当性チェック/不良資産(売掛金、棚卸資産など)の把握と劣化額の評価/過少・簿外負債の把握と算定/含み損益の把握/実態純資産の算定

(2)正常収益力(実態P/L)又は将来収益力の明確化

一時的な損益、異常価格取引、過大役員報酬等を排除した正常収益力の把握(営業損益、経常損益、営業キャッシュフロー等ベース)/事業部門別の正常収益力の把握/事業計画(数値計画)の検討等による将来収益力の把握

(3)税務リスクチェックによる税務潜在リスクの明確化

過年度の税務申告書・税務調査の分析による税務申告の適正性評価/将来の追徴課税リスクの分析

→買収価格・条件等の調整や買収スキーム立案に役立つ財務デューデリを実施します。

5.クロージング後の支援サービス

(1)M&Aに伴う会計・税務処理に関する支援
(2)M&A後の人事労務諸規定整備に関する支援 など
→M&A後の会計・税務・人事労務等に関するサポートをします。

マイツにおける仲介サービスの業務フロー

企業相続を前提  
 
高値で売り抜けるM&Aはお断り

マネーゲームを目的としたM&Aは一切行いません。単に売却をし、資金回収を目的とするM&Aは行いません

 
売り、買い希望者への第一次ヒアリング

何故、今売りたいのか、買いたいのかをじっくりお聴きします。
会社の悩みに真摯に耳を傾けます。
事業を何とか継続させたい、新規開拓したい企業をノミネートして、真のM&A理念にそった、ハッピーM&Aをめざします

M&Aへの情熱チェック
売り、買い希望者への第二次ヒアリング
 
M&A成立への加工

必要に応じて、事業譲渡や会社分割スキームにより、M&Aの対象となる事業のみを切り離します。

買収希望企業 売却希望企業
 
ファインディング

提携先とも協力し、双方の思いにかなった相性のより相手先を見つけていきます。

 
基本合意書

お互いの合意を得られると、基本合意書を締結します。

 
デューデリジェンス

相手先の企業財務状況をチェックし、財務リスクを評価

 
価格交渉、契約諸条件の詰め

従業員や取引先のことを第一に考えた価格交渉、条件諸条件の交渉を進めます。

 
M&A契約の締結  
 
金銭の授受、M&Aの実行  
 
クロージング

ハッピーM&Aの完了。M&Aが締結後もあらゆる面でフォローします。

M&Aサービスの報酬体系

初期相談

初期相談は無料で対応します。

仲介サービス / アドバイザリーサービス

基本報酬=レーマン方式(取引金額に一定の料率を乗じて算出)
レーマン方式のテーブル
株式譲渡価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%
M&A価格の5%でミニマム500万円 (消費税別。M&A価格によって減額調整、増額調整することもあります)
なお、特別の作業を要する業務については、別途活動費用及び実費を申し受ける場合があります。

組織再編、資本政策等

報酬=依頼内容に応じて個別見積もり

バリュエーション(企業価値評価)サービス

報酬=依頼内容に応じて個別見積もり

財務デューデリジェンス

対象会社(又は事業)の財務リスク評価報酬=210万円(消費税込)~

クロージング後の支援サービス

報酬=依頼内容に応じて個別見積もり

M&Aに関するお問い合わせ

日本及び中国で企業譲渡、買収をご検討の方はこちらまで