ホーム >> ニューズレター >> 【2015年11月】採用時の調査

ニューズレター

« 【2015年11月】固定資産加・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2015年11月】非行政許可・・・ »

ニューズレター 【中国人事労務通信 】

【2015年11月】採用時の調査

jinjiroumu_rogo.png

 

 

jinji1511_1.png

 

 

●採用時の調査の必要性

 労務トラブルはできれば起こしたくないものです。労務トラブルの原因には様々
なものがありますが、中には以前在籍していた会社においても労務トラブルを起

こしていた社員もおり、職歴を偽っている社員もおります。学歴を偽る社員も残念
ながらおります。
できれば、採用時に社員の職歴・学歴を確認しておきたいものです。では、社員
の職歴および学歴の真偽をどのように確認すればよいでしょうか。

 

 

●職歴の確認方法

 職歴については、社員の前勤務先にその都度直接電話をかけて確認すること
が考えられます。電話番号は社員本人から聞くこともできますが、念のためにイ
ンターネットで調べたり、1 1 4局番に問い合わせたりするなどして、確認をとっ
ておいた方が良いでしょう。離職理由が会社の倒産であったにもかかわらず、そ
のような事実はなく、離職理由を偽っていたケースもあります。ところが、中国
では、日本のように個人情報漏えいを規制する法律は無く、個人情報保護と言
えば中国消費者権益保護法のみがある程度です。そうはいっても、在職中に転
職活動を行なっている場合、現在の勤務先に連絡することは行き過ぎかと思い
ます。
 中国では、社員に対する信用調査を行う専門の調査会社があります。特に欧
米系外資系企業は、課長や部長クラスの高級管理職の募集において、その経
歴に不審な点があった場合、このような信用調査会社を利用し、調査を依頼す
ることがあります。 ただし、調査会社にも様々な会社がありますので、事前に
十分に調査の内容、報酬を確認する必要があります。

 

 

●学歴の確認方法

 社員が虚偽の学歴・職歴情報を提供し、これが原因で企業が採用を行った場
合、企業は労働契約法 3 9条に基づき、この社員を解雇することが可能です。
しかし、労務管理の観点から見ると、非常に非効率的な作業です。そのため、
採用を決定する前に、その学歴および職歴の信憑性を事前に確認するほうが
効率的です。学歴の場合、政府教育部から委託を受けた中国高等教育学生
情報サイト ( w w w . c h s i . c o m . c n )から 、無料で確認することも
できます。中国高等教育学生情報サイトは中国で唯一の学歴認証機関であ
り、同機関の証明書は就職、資格試験、留学において権威を持つものである
とされています。しかし、このサイトは、2 0 0 1年以降の大卒証書にしか対応
しておらず、このサイトから確認できない場合は、教育部門または卒業した学
校に直接問い合わせて確認します。虚偽の学歴証書が横行していることもあ
り、ほとんどの大学がこのような問合せに応じています。

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所