ホーム >> ニューズレター >> 【2016年3月】自己使用中固定資産の売却に関する増値税徴収率について

ニューズレター

« 【2016年3月】貨物運送業増・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年3月】「空き家」に・・・ »

ニューズレター 【上海通信】

【2016年3月】自己使用中固定資産の売却に関する増値税徴収率について

 shanhai_rogo.png 

 

 

shanghai1603_1.png

 

 2015年12月22日、「国家税務総局による増値税改革試行期間中の増値税問題に
関する公告」(国家税務総局公告[2015]90号)が公布され(実施日2016年2月1日)、
自己で使用した中古固定資産を売却する場合、従来の優遇政策(財税[2014]57号)
または、税率3%の増値税納付を選択することができます。なお、税率3%の増値税
納付を選択する場合、増値税専用発票の発行が可能となります。
 現在までの自己使用中古固定資産の売却に関する徴収増値税率について、主な
内容は下記の通りです。

 

一、2009年の増値税改定改革以降
 ● 2009年1月1日以降に購入した仕入増値税控除済の中古固定資産を売却する
  場合、現行の税率17%を適用し納付します。
 ● 2008年12月31日以前に購入した仕入増値税未控除の中古固定資産を売却す
  る場合、簡易政策により低減税率を適用し納付します。

 

 

二、現在までの優遇政策による徴収増値税率

shanghai1603_2.png

 


三、2016年2月1日から、財税[2014]57号及び国税局公告[2015]90号の方法を
 いずれか選択可能となります。例として、税込売却額10,300元の場合、下記の
 通りとなります。

shanghai1603_3.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所