ホーム >> ニューズレター >> 【2016年4月】為替レートの変動が企業に与える影響

ニューズレター

« 【2016年4月】政府性基金の・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年4月】労働基準監督・・・ »

ニューズレター 【上海通信】

【2016年4月】為替レートの変動が企業に与える影響

shanhai_rogo.png

 

 

shanghai1604_1.png

 

 

 為替レート変動の影響というと、二つあります。即ち、企業業務及び財務への
影響です。ここでは、財務に与える影響の話を少ししましょう。

 

 

 大部分の外資系企業に対し、外貨建て(注1)の資産・負債が多かれ少なかれ
存在します。
「会社口座の残高は変わっていないが、損益計算書に数十万の為替損失(収益)
が発生し、利益の減少(増加)を起こすのは何故でしょうか」と、経営者の方々
からよく聞かれます。それは、記帳本位通貨の人民元の立場で資産或いは負債の
価値を計算したからです。

 

 

 ここで銀行預金の例を挙げましょう。仮に会社に100万米ドルの預金がありま
す。月初、人民元対米ドルの為替レートは1USD=6CNYですので、100万米ド
ルの預金を人民元に換算すれば600万元に当たります。月末には、100万米ド
ルの預金は変わっていないが、為替レートは1USD=6.5CNYになったため、人
民元に換算すると650万元に相当します。人民元から見ると、50万元の資産が
増加し、50万元の為替収益になります。

 

 

為替レートの変動が企業の資産・負債に与える影響は下記の通りです。

shanghai1604_2.png

 


 為替レートの変動が企業の資産・負債に与える影響が大きい場合に為替変動リス
クを回避する手段としては「外国為替先物予約」(注2)などがあります。例えば、
ある会社が、返済期間一年の1000万日本円の借入金をして1JPY=0.055
CNYで両替して55万元にします。
一年後の為替レートが1JPY=0.065CNYになる場合、返済に65万元が必要で
10万元多くかかることになります。仮に0.050なら50万元ですみます。そこで、
将来の円安のメリットにとらわれず、円高による為替損失を防ぐために、借金の際
に「外国為替先物予約」を購入し、一年後に1JPY=0.060CNYの為替レートで
1000万日本円を購入することを予約します。その場合、一年後の為替レートが
如何に変動しても、60万元と確定します。


注1:中国における大部分の企業の記帳本位通貨は人民元です。そこで、本文には
   人民元を記帳本位通貨とし、人民元以外の貨幣を外貨とします。

注2:「外国為替先物予約」とは、顧客と銀行の間で、特定の外貨通貨を、将来の
   一定の時期に一定の為替レートで一定の数量を受け渡すことを、現時点にお
   いて契約を締結する取引です。

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所