ホーム >> ニューズレター >> 【2016年6月】「グローバル人事」って何ですか?

ニューズレター

« 【2016年6月】増値税納税申・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年6月】河川工程修理・・・ »

ニューズレター 【中国人事労務通信 】

【2016年6月】「グローバル人事」って何ですか?

jinjiroumu_rogo.png

 

 

jinji1606_1.png

 

経営コンサルタントの谷です。中国人の給与が職種によっては、日本人を超えるよう
になってきました。日本では人材獲得が難しくなっていると言われ、頑張って採用活
動をしてもなかなか良い人材に巡り会えない、という企業様もあるようです。一方、
アジアの若者は眼がぎらぎらしていて良いですね。世界はどんどんボーダレス化して
おり、人事もグローバル化が必要との声をよく聞きます。中国事業でも内販を強化、
それも中国企業や中国人向け販売を拡大していかなくてはなりませんから、否が応で
も中国人社員の活躍を促さなくては、と感じます。

 

 

しかし、圧倒的多数の日本企業では、外国人採用を考える場合、結局は日本への留学
や、他の日本企業勤務経験者限定となっているようです。上海の日系企業の現地採用
でさえ、中国人で出世できる人は、「日本式人材」ばかり。なぜなら「日本式の価値
観とマネジメントルール」を日本本社では勿論、海外子会社でも「是」としているか
らです。日本式人材とは、やや誇張して言えば、協調性が高く、根回し上手で、ちゃ
んと謝れる人です。一方、日本式を知らない人材、例えば自己主張の強い人、何が何

でも自分の非を認めない人などはそれだけで冷遇されています。

 

 

日本企業で重視される「協調性」。協調性はかなり低いけど突き抜けた新しい事業ア
イデアを次々に思いつく人材と、協調性は抜群だけど利益貢献は既存事業のレールの
上でまあそこそこ、という人材が居たとして、今までの日本企業はほぼ間違いなく後
者を厚遇してきました。

 

 

マネジメントルールでは、例えば「報連相」。日本企業は「報連相」によって組織運
営上の様々なロスやエラーを減らそうとしてきました。大変重要な行動様式であると
考えられており、人事評価項目としている企業も多くあります。かたや欧米企業や中
国企業では、報連相そのものが評価対象にされることはまずなく、結果が出せなけれ
ばアウトというルールです。それでどちらの経営にロスが多いのか?と考えてみると、
人的生産性の低さで日本企業は先進国中「ぶっちぎり」という状態です。

 

 

だから欧米式、中国式に全部変えてしまいましょう、というのはあまりにも乱暴で、
製品やサービスの高品質も同時に捨てることになってしまい兼ねませんから、そこ
はどう折り合っていくかという話になります。ただ、中国人を含む外国人社員にとっ
て、報連相は「当たり前」のことでも、「絶対正しい」ことでもないのです。これを
充分納得できるだけの説明もなく押し付けて、できないからとバカにしたり、低い評
価をしたりするような会社なら、グローバル人材を活かせるはずがない。

 

 

「グローバル人事」は単に国境を越えた異動をさせるとか、評価基準を世界共通にす
るとかいうことだけで実現するものではありません。貴社の評価制度冊子の1ページ
目に書かれている【今後の我社で求められる理想人材のスペック】が、日本人基準で
の属性に偏りすぎることなく、日本人、外国人を問わず、優秀な人材なら是非目指し
たい!と思える人材像とすることが、海外人材にも大いに活躍してもらえる組織作り
のスタートとなるのでしょう。

 

 

ではまた次回!

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所