ホーム >> ニューズレター >> 【2016年6月増刊号】2015年度分連合年検が開始されました

ニューズレター

« 【2016年6月】あなたの会社・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年7月】VATの取扱・・・ »

ニューズレター 【上海通信】

【2016年6月増刊号】2015年度分連合年検が開始されました

shanhai_rogo.png

 

 

shanghai16062_1.png

 

 外商投資企業に義務付けられております連合年度検査(「連合年検」)の2015年度
分が2016年5月16日に正式に開始され(商資函[2016]223号)、上海市においても専
用ウェブサイトでの手続きが可能となりました。

 

 連合年検とは、中国政府の各部局(統計局、税務総局、商務部(商務委員会)、財
政部(財政局)の4部局)に前年度の業績、従業員数の変動、董事・監事の氏名やパ
スポート番号等の会社情報を申告・報告することであり、2013年度分以前は毎年6月
末が期限とされておりましたが、昨年実施の2014年度分は、7月から手続きが開始さ
れ、2015年10月15日が期限とされました。なお、今年実施の2015年度分は、2016
年8月31日が期限とされましたので、前年より期限が1ヶ月半早くなりました。

 

 また、上海市においては、2014度分から紙資料の提出は不要となっていますが、専
用ウェブサイトに入力が必要となる情報が増加しており、今年実施の2015年度分につ
いても、昨年に引き続き、入力情報が追加されており主な追加項目は、次の通りです。
①自社のウェブサイト②上場・非上場(上場の場合は市場名)③国内外の特許数④国
外の投資者に対する債権債務の残高等。
 なお、中国(上海)自由貿易試験区内の企業については、2013年度の連合年検はい
ったん不要となりましたが、2014年度分は改めて実施が求められており、2015年度分
についても実施が必要とされています。
 連合年検及び連合年検に参加していない政府部局の年度検査・年度報告の各期限は、
以下の通りとなります。

shanghai16062_2.png

   ※外貨管理局も単独の年度検査を実施しており、自社もしくは会計士事務所のみ手続き
   を行うことができます。

 

 2015年度分の連合年検の期限まであと2ヶ月、その上入力項目も年々増えておりま
す。担当者の手が回らない場合、連合年検手続きは、弊社にぜひご依頼下さい!!

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所