ホーム >> ニューズレター >> 【2016年7月】控除できる仕入増値税の項目が増えましたか?

ニューズレター

« 【2016年7月】社会保険の納・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年7月】土地の価格に・・・ »

ニューズレター 【上海通信】

【2016年7月】控除できる仕入増値税の項目が増えましたか?

shanhai_rogo.png

 

 

shanghai1607_1.png

 

 

 2016年5月1日から、建設業、不動産業、金融業及び生活サービス業を含む全ての
役務提供が、商品売買と同様に、増値税の課税対象となり、納税者は仕入税額の控
除が受けられるようになりました。改正から2ヶ月が経ちました。

   
 会社の経費関係で、今回の改正により、変更になった項目を次の通りにまとめま
した。

 shanghai1607_2.png

増値税の仕入控除について、次のポイントを留意する必要があります。


① 原則として、仕入控除を受けるためには、専用の機械で専用の用紙に印刷され
た、増値税専用発票を入手する必要があります。サプライヤーが増値税小規模納税
者の場合、自分で増値税専用発票は発行できませんが、税務局で、専用発票を代理
発行してもらうことは可能です。

 

② サプライヤーから増値税専用発票を発行してもらうためには、「会社名」以外、
「納税番号」、「登記住所」、「電話番号」、「基本口座の番号及び銀行名」を提
出する必要があります。 

 

③増値税専用発票を入手しても、すべて控除できるわけではありません。免税増値
税項目(例えば、来料加工のため購入した副資材)、従業員の集団福利(例えば、
忘年会の時に購入した景品代)、個人消費で使われるものであれば、控除できませ
ん。財務部門の管理と判断は重要になります。

 

④ 税務システムで180日以内に認証を行う必要があります。

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所