ホーム >> ニューズレター >> 【2016年10月】財政部 国家税務総局、有料道路通行料の増値税控除に関する通知財税「2016」86号

ニューズレター

« 【2016年9月】あなたの会社・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2016年10月】疑わしい病・・・ »

ニューズレター 【華南通信】

【2016年10月】財政部 国家税務総局、有料道路通行料の増値税控除に関する通知財税「2016」86号

kanan_rogo.png

 

 

kanan1610_1.png

 

 財政部、国家税務総局は2016年8月3日に有料道路通行料の増値税控除に関する通知
を公布しました。主要内容は以下の通りです。


①増値税一般納税人が支払った道路、橋、水門に関する通行料は取得した通行料発票
(財政領収証を除く)に記載された料金に基づき、以下の公式により控除可能な仕入
れ税額を計算します。

A:高速道路通行料の場合
控除可能仕入れ税額=発票に記載された金額÷(1+3%)×3%

B:一級道路、二級道路、橋、水門通行料の場合
控除可能仕入れ税額=発票に記載された金額÷(1+5%)×5%

 

②本通知は8月1日より執行し、執行停止時間は別途公布されます。


【留意事項】
①財政領収証分の通行料発票は控除できません。財政領収証の通行料かどうかは発票
管制印から判断できます。
②高速道路と一級道路、二級道路、橋、水門との通行料の税額控除計算式が違います。
高速道路の発票とその他の発票を分けて貼り付け、別々に金額を集計することを推奨し
ます。
③ETCリチャージの方式で支払った通行料が控除できるかどうかは、まだ明確ではあり
ません。
④通行料の控除期限は180日に限られていません。

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所