ホーム >> ニューズレター >> 【2017年5月】褒めると叱る、バランスよくできていますか?

ニューズレター

« 【2017年5月】税関輸入増値・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2017年5月】相続税・贈与・・・ »

ニューズレター 【上海通信】

【2017年5月】褒めると叱る、バランスよくできていますか?

shanhai_rogo.png

 

shanghai1705_1.png

 

 3月末から4月上旬にかけての異動のシーズンも一段落と言ったところでしょうか。
今回は「褒める技術」「叱る技術」についてです。中国では叱る事も必要ですが、部
下の指導の為には特にほめる技術が重要なのではないかと思います。叱るとすぐ社員
が辞めると思っていませんか?


 そもそも、なぜ社員が退職するのでしょうか?
「根性がない」とか「成長しない」とか、真っ先に部下側の理由を思いついた方
は要注意です。しかし、すべての責任が管理者にあるわけでもありません。部下が
育たない理由は「管理職が教え方を知らない」ためです。例えば、上司が「やる気を
出せ!」と言っても「やる気を出す」がどういう行動をさしているのか、部下はわか
りません。褒めるのも叱るのも「具体的に」行う必要があります。

 

 わかりやすく例を挙げてみましょう。
翌日の会議の事前準備事項を、忘れないように携帯電話にメモしていたとします。
「メモしている」という行為だけ見れば、仕事に対してのやる気はあるように思えま
す。しかし、第三者から見た場合、携帯で何をしているかわからない為、携帯で遊ん
でいるようにも見えます。管理者によってはその現場を目撃した場合、勝手に「あい
つはやる気がない」というレッテルを貼ってしまい、本来やる気ある行動が、やる気
がない行動として叱責の対象になってしまいます。ですので、しっかりとコミュニケ
ーションをとりながら、「何故携帯を見ていたのか?」まで聞かないと、本来の評価
はできないはずです。携帯を見ること自体は、やる気が無い証拠ではありません。


 さて、コミュニケーションという言葉が出てきましたので、部下とのコミュニケー
ションの目的についても触れてみたいと思います。部下とのコミュニケーションは、
単に仲良くなる為だけではありません。「部下の価値観」を聞くことにあります。
部下が5人いれば、5人それぞれの価値観で仕事をしていますので、その価値観に
合わせた指導をしないと、部下は成長しません。価値観=働く動機ですから、部下
を正しく理解していないと、当然適切な指導はできません。しかしながら、部下に
よって指導方法などを変えることができる管理者は、中国では稀だと思われます。


 最後に、まとめを記載しておきます。
① 褒めるだけ、叱るだけではダメ。あくまでもバランスよく。
② 褒める、叱るは具体的に!
③ 部下の価値観は十人十色

 
 日本人も中国人もこういった所は基本的には同じです。これからの駐在生活で是非
「褒めマスター」「叱りマスター」を目指してみて下さい!

 

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所