ホーム >> ニューズレター >> 【2020年8月】あなたの会社、新時代の経営計画を策定しています~?

ニューズレター

« 【2020年8月】家賃支援給付・・・ |  ニューズレタートップへ  | 【2020年8月】Vol.1・・・ »

ニューズレター 【ひろよしくんのみみ】

【2020年8月】あなたの会社、新時代の経営計画を策定しています~?

みみ20200731_1.pngみみ20200731_2.png

 

 

 

 

 

 



~  COVID‐19時代のビジネス戦略はこれだ!! ~

 

アメリカは、中国企業のファーウェイ(通信基地局設置機器販売世界トップ)、ZTE(通信基地局設置機器販売世界4位)、ハイクビジョン(監視カメラ販売世界トップ)、ダーファ・テクノロジー(監視カメラ販売世界2位)、ハイテラ(特定用途無線大手)の製品を使う企業と、アメリカ政府が取引する事を禁じる法律の施行を決定!! 世界中の企業が、アメリカを取るか中国を取るかの二社択一を迫られる時が近づいている気がします。(本当にどうなるのか憂鬱ですね!!)

新型コロナウイルスは、7月に入って感染者数が急激に増加。世界では7月18日現在1,380万人が感染、死者が59万人、日本でも感染者が2万3千人、死者は984人になっています。(新型コロナウイルスも第二波が来るのではと憂鬱ですね!!)

 

 

この様な気持ちがネガティブになる環境下ではありますが、マイツグループでは2020年7月~2021年6月の経営計画を策定。先月17日に私がマイツグループ全体の経営計画をZOOM上で発表しました。各事業所、各事業部長の経営計画も収録し、オンラインで発表しました。

いつもなら、数か所の会場を借りて経営計画発表会を行っているのですが、今年はCOVID‐19の関係で社員が集合する事を避けてZOOM発表、視聴も各個人や小会場に分散して開催しました。

マイツでは、毎年7月から翌年6月までが人事評価と業績評価の期間ですが、今年から採用したのが、マイツの売上に貢献してくれた、①事業所・各部長、②各課長、③一般社員に対して、通常の業績賞与とは別枠で特別賞与を支給する制度。支給基準は、人件費の3倍!!計算方法は以下の通りです。

 

特別賞与

対象者

一般社員

〔貢献売上※1-(直接人件費+間接人件費)×3倍〕×1/3※2

課長

〔課の貢献売上-(課長の上記人件費×2/3※3+課に所属する上記社員の人件費)×3〕×1/

事業所長

部長

〔事業所・部の貢献売上-(所長・部長の上記人件費×1/3※4+事業所・部に所属する課長の上記人件費×2/3+事業所・部に所属する社員の人件費)×3〕×1/


※1:マイツでは、一般社員、課、事業所・部の売上実績のうち、業務担当の売上が7割、契約獲得に紐づく営業部分を3割として計算しています。
 

因って、貢献売上は、社員、課、事業所・部の業務担当売上+営業貢献売上として計算しています。

※2:3倍を超えた金額には、税金に1/3、内部留保に1/3、賞与に1/3配分されるという考えを取っています。

※3:課長は人件費の内1/3は管理の仕事をしていると考えています。

※4:所長・部長は人件費の内2/3は管理の仕事をしていると考えています。

 

何名対象者が出るか楽しみにしていましたが、5名の対象者が出ました。この制度が次のマイツ成長エンジンの起爆剤になってくれればと考えています。

 

 

その他、マイツグループでは、社員全員が何らかの形で受注に貢献する事を促進するため、社員に対し一人当たり100万円の受注を獲得する事を経営計画の中に入れています。

 

これにも理由があります。会計や税務などの作業業務を担当する社員は、与えられた仕事を正確に、適法に、迅速にコツコツこなす事はもちろん得意です。

しかし、顧問先の社長や担当者と話をして悩みや、問題点を共有し、その問題解決の方法を提案すること、今のCOVID-19の状況下であれば顧問先のキャッシュフローの状況を把握して、政府の各種補助金や助成金などの提案をしてより積極的にサポートすることが必要となってきます。そういった有意義な提案をしやすいよう、経営計画に入れることで社員の行動の後押しをしています。

 

こうした価値ある提案を通して、顧問先や関係先へより喜んでいただき、その結果として受注が増えることが望ましいと考えています。受注獲得に対しては、賞与への還元でなく、人事評価と通常の業績賞与に反映させることにしています。

 
みみ20200731_3.png

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ


お問い合わせ

マイツ提携事務所